スポンサードリンク



日記

ちっちゃくて何役もこなすサバイバルナイフ!

更新日:

いつもご覧いただきありがとうございます。ヒミカです!

Youtubeへ投稿し始めて6ヶ月目に入りました!
Youtubeもアウトドアもよくわからずに始めたのですが、今になってようやく自分のチャンネルのアナリティクスを見ました!
いろいろと解析されているのにビックリしましたが、私の動画を観てくださっているのは35歳以上の方々が多くいらっしゃる事も知りました!

知識も経験も豊富な方々が私の稚拙なキャンプ動画を観てくださっていると思うととっても恥ずかしい限りですが・・・皆さま本当にありがとうございます。そんな方々に応援してもらってすごく嬉しいです!

これからもよろしくお願いします!

そして今回はサバイバルナイフについていろいろと考えてみました!

私はこれまで剣鉈や渓流刀、モーラコンパニオンにオピネル、それに加えノコギリや斧まで揃えてきました。
キャンプ場であれば全て用意して場面によって使い分けながら楽しめるのですが登山となると全て持って行く訳にはいきません。
体力を無駄に消耗しないために一つでも荷物を減らして、なおかつ軽量にすることが大切です。

そんな見方で考えると、何役もこなせる軽量のサバイバルナイフがないかと、またもやインターネットで調べてみました!

頑丈なナイフって意外に重いんですよね・・・。
剣鉈なんて、大きくて分厚くてすごく重いんです。
キャンプを始めた頃はこれで薪を割ったりしていたんですが大変でした。

最近は価格も安くて多少乱暴に扱っても気にならないモーラコンパニオンを使っているのですが、ケースに収納して腰にぶら下げていると、太ももに当たる事も多くて結構邪魔なんです。

だからもっと私に合ったナイフはないかなぁと調べてみたところ、モーラに使いやすそうなナイフが二つありました!

一つは「モーラナイフ・ロブスト」

全長は206mm、重さは100gです。
お値段も2,160円でお手頃でガンガン使えそうです!

そしてもう一つは「モーラナイフ・エルドリス」

全長は143mm、重さは80gです。
お値段は3,996円でロブストよりも倍近くになっています。
でも、短くて軽いので携行に良さそうです。

ふと・・・登山のキャンプで薪割りなんてするのかしら?

何時間もかけて登った場所で枯れ木を探して、そして薪を作る体力なんて私にあるのだろうか?

きっと疲れ果ててスベアかアルストの火を使うんじゃないかな?

だったら・・・

だったら・・・オピネル一本でも・・・。

う〜ん、悩みが深まったぞ。

よしっ、それじゃ軽登山で練習しながら私にピッタリなナイフを見つけよう!

けっきょく結論出ずでごめんなさい!!
このブログを書いているうちに更に深く悩んでしまいました😅

それでは皆さん、毎日のお仕事頑張ってくださいね!

ヒミカでした。







メルマガ登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガを購読します

-日記
-, , , , ,

Copyright© ヒミカの徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.