スポンサードリンク



日記

大岳鍾乳洞~小滝~大滝へ

投稿日:

こんにちはヒミカです!

今回、お気に入りの場所でデイキャンプ予定が、あいにくの雨...
急遽進路を変えて、あきる野市にある「大岳鍾乳洞」へ!

初めて行ったのですが道を間違えてしまったのかと思うような道路を過ぎて、
目的の「大岳鍾乳洞」へ到着しました!

ここはキャンプもできる場所で「大岳キャンプ場」が併設されてましたよ。
キャンプ場も興味津津で見学してきまして、鍾乳洞より下流側と上流側に2か所テントサイトがありました!
どちらも川沿いにあり、車もサイトまで乗り入れできるようで、静かな時間を過ごせそうです。
いつかここでキャンプもしたいと思います!
うっかり帰り際にキャンプ場近くにスーパーなどあるか確認するのを忘れてしまいました...

では「大岳鍾乳洞」の話に戻りますが、入場は大人一人500円、受付でヘルメットを貸してもらえます。
この時点での勝手なイメージは、洞内の天井が高くて階段で地下へ下っていくのだろうと想像していました。
ところが入口はかがまないと入れないような高さ...でも、入れば大きな空間が待ち受けているとまた想像...

一歩入ると、かなりひんやりした空気に全身が包まれました。
この瞬間、ショートパンツで来たことを後悔。
きっと中はもっと寒いだろうと想像...

ところが行けども行けども洞内は広くなりません。
結局出口までほぼ、かがんで移動すことになりました。
そのおかげで、体温は上昇! 薄着の私でも汗が噴き出してきました。

想像とは違いましたが洞内はとても神秘的で、人の往来がなければ、もう少しゆっくりと拝見したいと思いましたよ!

その後、受付で「ところてん」をいただきました!
味付けは黒蜜と酢醤油の二種類です。
私は黒蜜をいただきました! 美味しかったです!

少し休憩したのち、鍾乳洞の上流側に滝があることが分り、行ってみることにしました。
こちらが小滝です。

ごめんなさい、写真撮り忘れました^^;

小滝からしばらく登山道のような道を進んでいきます。
先日、廻り目平キャンプ場のハイキングコースを経験していたので、さほどキツくはなかったのですが、
先を歩いていた女性二人はかなり辛かったようで、大滝に着くころには肩で大きく息をしていました。
ここはサンダルとかでは大変なので、もし行かれる方はスニーカーなどの靴で行かれることをお奨めです。

そして大滝に着きました。

とても迫力がありましたよ!
先日の唐沢の滝とはまた違う景観で、今回もマイナスイオンを全身に浴びてきました!

次回は少しまったりとキャンプしようかと思っています!

最後までご覧いただきありがとうございました!
皆さまも素敵なキャンプライフをお楽しみください!

ヒミカでした!

応援メッセージお待ちしております!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 







メルマガ登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガを購読します

-日記

Copyright© ヒミカの徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.