スポンサードリンク



日記

寒い季節のキャンプと車中泊には、これが必需品でした!

投稿日:

いつもご覧いただきありがとうございます!ヒミカです!

今回はタイトルにあるように私が寒い季節のキャンプや車中泊で経験して本当に役立った必需品を書きたいと思います。

暑い季節のキャンプや車中泊も意識が朦朧となるくらい中は灼熱地獄になるのですが、
逆に寒い季節は想像以上に冷え込んでしまい、どちらにしても眠れない程になってしまいます。

やはり快適なのは春と秋なのですが、どちらの季節もあっという間に終わってしまいます・・・

今回はこれから迎える冬に向けて、このおかげで寒さをしのげて眠る事ができる必需品を紹介します。

自宅にいるとエアコンやストーブの暖房があるし、家自体も断熱されているので外がどれほど寒くても、
外に出ないかぎり寒さを体感する事はないですよね?

でもテントや車はそうじゃないんです・・・外とほぼ変わらないほど冷えるんです。
何しろ車はほぼ鉄板だけだし、テントはナイロン生地だけですから。

でも車だとエンジンをかけて暖房することはできますが、排気ガスの問題もありエンジンをかけっぱなしにするわけにもいきませんよね。
エンジンを切ると余熱はあっという間に無くなり、一気に外気温と同じになっちゃいます。

これを乗り切るために、いろいろな方法を試しました。
テントや車は基本的に電気がないので電気以外の方法をいくつか書きます。
※電源サイトのあるところや車にサブバッテリーなど積んでいるケースは除きます。

まず試したのはガスヒーターです。
使ったのはユニフレームのワームです。
テントも車も一気に暖めてくれますが、とにかく臭い・・・
そしてあっという間に一酸化炭素警報機が鳴り響きます。
テントも車も密閉された狭い空間ですから、命を危険にさらしたくはありません。
心臓に悪い警報機のサイレンを鳴らしてからは使わないようにしています。

その次に試してみたのはアルコールストープで網を熱する方法です。
こちらは臭いはほとんど出ずにじわじわと暖まってきますが、しばらく経つと警報機が鳴り響きます。
どうやら網を熱することで不完全燃焼が起こってしまうようです。

このふたつの方法で、火を使う暖房はやめた方がいいと結論づけました。

あとは電気も使えないし、どんな方法があるだろうとずいぶん悩みました。

思いついたのは「断熱アルミシート」を使うことでした。

まずはマットとして15mm厚のシートを敷いてみましたが、冷え込みにはかないません。
その次に掛け布団タイプのアルミシートをかけてみました。

この二つの冷え対策で、朝方の厳しい冷え込みまでは何とか眠れるようにはなりましたが、朝方には寒さで目が覚めてしまいます。
それに内側の結露がすごくて、シュラフに水が垂れ落ちてくるほどになります。
でも寒さをしのぐには危険のない、この二つのアルミシートも必需品になりました。

あとは何とか朝の冷え込みをしのぐ方法がないかと更に悩み考えてみました。

そこで、目を付けたのは「湯たんぽ」です!

プラスチックやゴムタイプより断然トタンタイプの保温性能が良いと調べて分かり、買ってみたんです。
低温火傷を起こす危険性もあるとのことで、触れていても火傷をしないようにカバーを二重にして使ってみました。

使った感想は・・・感動しました!

中に入れていると保温力がすごくて朝方まで暖かいんです!
この暖かさは昼まで続くほどです!

この3つの組み合わせで、キャンプも車中泊も冬は快適に過ごせるようになりました。

一番すばらしいところは、一酸化中毒の危険がないというところです。
安心して朝までぐっすり眠りにつくことができます。

キャンプや車中泊でお悩みの方!ぜひ試してみてください!

私もいつかは趣のある薪ストーブキャンプやってみたいな!

それでは皆さま、最後まで読んでくださってありがとうございました。

ヒミカでした!







メルマガ登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガを購読します

-日記
-, , , , ,

Copyright© ヒミカの徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.