スポンサードリンク



日記

秋ナスは嫁に食わすな。本当の意味って?

投稿日:

いつもご覧いただきありがとうございます。ヒミカです!

今回のお題は女性にとってドキっとしちゃう話題ですね。
食欲の秋なので、このことわざについて書いてみたいと思います!

この季節はいろいろなものが本当に美味しいですよね!
油が乗ったサンマ!それにウナギ!そしてマツタケにナス!

油断するとあっという間に太ってしまいますね・・・

さて今年のサンマは、例年通り不漁のようでなかなか食べられないものになってきています。
新鮮なサンマは内臓のほろ苦さも美味しくて、七輪で塩焼きなんていいですね!

ウナギは漁獲量が多かったそうでお安く流通しているのでしょうか? 高級品なので値段はいつも見ずに通り過ぎてます😅
どこかで聞いたことがありますが、稚魚は高値で取引されているみたいですね。生態が謎!?って聞きました。

マツタケは4年連続の豊作のようですが、値段は逆に高騰しているみたいですね。
お安く買えていた中国産も今や中国でも人気となり高騰しているそうですよ。
きっと今年も口に入れることはできないかな・・・

そして秋ナス!
ナスに限らず野菜全体が日照不足で高騰しているそうです。
そういえば、アウトドアへ出かけようと思うと雨の日が多かったように思います。

でも秋ナスは本当に美味しいですよね!
焼きナス、揚げナス、麻婆ナス・・・と。

どうやら熱帯の野菜ということで暑さに強く寒さに弱い、そのため寒くなる秋には種が少なくなるようです。
それがかえって美味しく食べられる要素みたいなんですね!

しかし、、この秋ナス、、、

「秋ナスは嫁に食わすな!」なんて、恐いことわざがあります。

おそるおそる由来を調べてみると・・・諸説あるようですが、お嫁さんを心配して言う意味合いもあるみたいですよ!

・憎らしい嫁にはもったいない(美味しいから)
・体を冷やすから(食べ過ぎると体を冷やすらしい)
・種が少ないから子種を心配して(寒くなると種が少なくなるから)
・和歌の「夜目(ねずみ)」が嫁に転じて・・・などなど

一般的には一番上のような気がするのですが、ナスの効用や特性を知っている人なら真ん中の二つですよね!
最後の「夜目(ねずみ)」は読みではなく、もしもねずみに例えられてたら・・・一番恐いかも。

そんなことわざにもなっている秋ナス!これからのキャンプで秋ナス料理作ってみたいと思います!

皆さまも食欲の秋を存分に味わってください!

ヒミカでした!







メルマガ登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガを購読します

-日記

Copyright© ヒミカの徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.